RC外断熱工法推進!
RC外断熱工法推進 NPOJEAS
地球に優しいRC外断熱工法で「家計(家系)にやさしい家づくり」
みんなが喜ぶRC外断熱
みんなが喜ぶRC外断熱
RC外断熱工法でCO2削減!地球温暖化防止、省エネ住宅推進プロジェクト
実践!省エネ住まいのデータ集
RC外断熱住宅温湿度計測中!
RC外断熱に住んでみて
ハート君の環境の話
NPO日環協HOME
ちょっと待て!外断熱を知らずしてその住まいづくり大失敗!

学ぼうRC外断熱TOPへ>

◎ヒートブリッジ
建物の外壁等に、熱を伝えやすい状態があること。その部分から橋を渡るように熱が
出入りすることから「heat bridge=熱橋」といいます。
断熱の施工不良部分や断熱した
スラブ端におこりやすく
夏は熱がヒートブリッジを伝わり暑くなり、冬は冷気が伝わり寒
くなるので、省エネの観点からみても、冷暖房の熱効率も悪くなり光熱費も高くなります。
また、このような現象が、結露の原因になるといわれています。
◎Low-eガラス
通常のフロートガラスに特殊な金属膜をコーティングし、放射率を小さくし、高い断熱
性能を有するガラス。
◎深夜電力
電気料金のの契約の一種のことを言います。午後11時から翌日の午前7時までの
8時間に限り、電気温水器などの動力機器を利用する場合に適用できます。
電力消費が少ない時間帯のため、通常の従量電灯契約に比べて3分の1から4分
の1の割安な料金になるお得な契約形態があります。
◎コールドドラフト
開口部の断熱性が低いために起きるコールドドラフト現象がその原因。コールドドラ
フトとは冷たい窓辺から発生する下降冷気のことで、室内に温度差が生じるため空
間の快適性を損なうばかりか、脳溢血や冷え性が悪化するなど身体的にも悪影響を
及ぼすと言われています。
◎スケルトン&インフィル
スケルトン・インフィルとは、スケルトン(構造躯体)とインフィル(内装)を分離して考
え、新築時の自由なプランニングに加え、将来的な改修、間仕切りの変更や設備の
取り替えに配慮した仕組みです。スケルトン(構造躯体・階段など)はしっかりとした
高耐久性を実現する一方、屋内空間は住む人のや時代の変化を考慮し、可変性を
持たせることで、長年に渡り多様なライフスタイルに対応することができます。
◎外断熱工法
断熱とは、建物の外側を断熱材で覆ってしまうこと。コンクリートは接している空気の
温度に同調【同じ温度になることする】性質があります。屋外に面していれば屋外に、
屋内に面していれば屋内に温度になるのです。つまり、コンクリートは巨大な蓄熱体
なのです。外断熱の場合四季や室内部屋間の温度変化、は極めて小さいといえます。
又、建物の内外からの「湿度」がたまらないので結露の発生を抑え、健康で快適、省
エネ空間を実現します。建物と地球の健康を考えた工法といえます。